Skip to content

おせちに込められた意味を理解することが大切になる

おせち料理は、元々人間が主として食べるものというわけではなく、収穫物などの感謝の意味を込めて神様に捧げるという意味合いが存在していました。

そのため、収穫物などへの感謝の意味も込めて料理にはめでたさを重ねるという意味合いが込められているわけです。

おせちには重箱が存在しますが、こういった重箱もめでたさを重ねるという意味で利用されている傾向があります。段ごとに詰める食事や料理は異なっていて、この段にはこの料理が使われると言ったルールもある程度はあります。

こういった昔の名残によって作られたものがおせちです。使われている素材には意味が込められていて、実際に日本全国で浸透している非常に有名な料理に違いありません。

ただ、地域毎でどういった料理を出すのかということは異なっています。これも地域土着の信仰と関わり合いがあると考えられている傾向があります。

例えば、おせちは基本的に4段重ねとして利用されていますが、多くの地域では3段重ねで利用しているところもあるわけです。

地方のしきたりでどの段にどの料理を使うのかということが異なっているため、その地方のしきたりに従っていくことが多いわけです。

利用されている素材に込められている意味が異なっているため、素材選びには慎重であることが本来の形です。これに関しては、現代であっても変わりはありません。

こういった込められた意味を理解しながら食事をしていくのがおせち料理の醍醐味といえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です