Skip to content

おせち料理の賢い選び方

もうすぐお正月が来ますね。

お正月には人が集まり美味しいおせち料理を用意する家庭も多いことでしょう。

おせち料理は基本的に祝い肴で3種の黒豆、数の子、ごまめ、または黒豆、数の子、たたきごぼうとそれに加え、煮しめ、酢の物、焼き物で構成されています。地方により異なります。

現在ではローストビーフやマリネなどが入っているものもあり個性的な商品も増え種類が豊富です。西洋料理や中華料理などを重箱に詰めているものもあります。

お重箱にはめでたさを重ねるという縁起かつぎもあり、昔は5重のものもありましたが、今では3重2重のものが主流です。

おせち料理には例えば昆布は「喜ぶ」、黒豆は「まめに働く」、数の子は「子宝と子孫繁栄」エビは「長寿」、田作りは「五穀豊穣」など願いや意味が込められています。

お正月の縁起担ぎのひとつとしてそれぞれの家庭の好みにあわせたものを見つけられるといいですね。

おせち料理は昔は家庭で作る人が多かったのですが、時代と共に変化し、今では市販の種類も増え購入する家庭も増えていますデパートやスーパーではオリジナルの商品はもちろんのこと一流料亭、キャラクター、歴史の舞台をテーマにしたお重など様々な種類のおせち料理が数多く取り揃えられています。

今は通販やインターネットのショッピングサイトでも種類が多く選ぶのも迷うことでしょう。手作りの料理が好きな人は、いろいろなレシピを探して好みにあった料理を取り揃えることも楽しみのひとつになります。

人それぞれ楽しいお正月を迎える準備に向け探して行きましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です